サーチュイン遺伝子の活性化

NMNを取り入れることで、身体の各機能が若返るということですが、その若返りに深く関係しているのがサーチュイン遺伝子です。このサーチュイン遺伝子は長寿遺伝子とも呼ばれるほど、老化に関わりのある遺伝子で、NMNから作り出されるNADによって、その働きが活発になるわけです。ただ、このサーチュイン遺伝子もNADだけではスイッチがオンになりません。NADも必要ですが、それを生かすためにはサーチュイン遺伝子を目覚めさせることが重要となるのです。

では、このサーチュイン遺伝子を覚醒させるにはどのようにすればいいのでしょう。現状分かっていることとして、まずはカロリー制限を行うことです。言い換えれば、空腹状態を保つことで、サーチュイン遺伝子が活性化するのです。具体的には、一日に必要な摂取カロリーを70%に制限して、それを継続的に行います。

次に、レスベラトロールを摂取することが挙げられます。このレスベラトロールは、ポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用があり、サーチュイン遺伝子に直接働きかけ、活性化を促してくれるのです。この方法であれば、カロリー制限をすることもなく、サーチュイン遺伝子が活性化してくれるため、過度なダイエットに繋がる危険もありません。このように、NMNの効果を最大限に活かすためにはこういった2つの手段をあるのです。最近ではNMNとレスベラトロールを配合しているサプリメントなどもあるようですので、サーチュイン遺伝子を活性化する健康食品として注目されているようです。

関連サイト・・・NMN SOMA|サーチュイン遺伝子に働きかけるサプリメント

NADと長寿遺伝子

各方面から大きな期待を寄せられているNMNですが、実際にはどのような作用があるのでしょう。まず、NMNは人間の身体の中で生成される物質です。ただ、年齢を重ねていくにつれ、NMNは徐々に少なくなっていくのです。つまり加齢により、このNMNの生産能力が衰え、そして老化という現象や健康被害が起こるというわけなのです。そこで、逆にNMNを投与することで、この老化を食い止め、さらには若返りすらも可能にするという研究が今、盛んに行われているのです。

老化と大きく関係のあるものとして、サーチュイン遺伝子があります。これは別名、長寿遺伝子とも言われるほど、若返りに直接関与してくる遺伝子なのです。このサーチュイン遺伝子は、NADという物質の作用により活発に働くようになります。このNADを作り出すにはビタミンB3が必要となり、このビタミンB3がNMNに変わり、そして最終的にNADを作り出すというメカニズムになっているのです。

NMNを取り入れることで、NADが増え、それにより長寿遺伝子が活性化するということですが、実際の実験ではどのような効果があったのでしょう。マウスへの投与の結果、筋肉細胞が若返り、寿命も延びたという報告があります。このように、NMNとNAD、そしてサーチュイン遺伝子により、若返りが夢ではなく現実のものになりつつあるのです。