NMNと若返りの関係

人間は古来より、不死への憧れが強く、様々な試みで不老不死を実現しようとしてきました。しかし、生命というものには寿命があり、誰もがいずれはその時を迎えるのです。ただ、ここにNMNという物質がにわかに注目されています。このNMNは、不老不死とまではいかなくとも、寿命を延ばす効果があるとされ、各方面から脚光を浴びている物質なのです

このNMNは、人間の体内に元々存在する物質で、この物質が老化現象に大きく関係することが分かっています。マウスによる実験では、各器官の機能が若返り、寿命が延びたという報告がなされているのです。NMNは加齢により、徐々に体内から減っていきます。しかしそれを体外から補うことで、若返りを実現させようという試みが始まっているのです。このNMNは、長寿遺伝子とも呼ばれるサーチュイン遺伝子を活性化させるきっかけを作るものですので、積極的に摂りいれることで、寿命が延びると言われています。

サーチュイン遺伝子は、誰もが持っている遺伝子ですが、活性化するのはある条件が必要となります。一つはカロリー制限で、二つ目はポリフェノールの一種であるレスベラトロールを摂取することです。若返りは誰もが望むものです。NMNにより、体内の各器官が修復され、生き生きと働くことで、肌には潤いが戻り、髪にも艶が出てきます。健康維持と若返りは深く関係するものです。長寿にはNMNが重要となりますが、その基本となるのはやはり健康なのです。このサイトはNMNの効果について説明します。