NADと長寿遺伝子

各方面から大きな期待を寄せられているNMNですが、実際にはどのような作用があるのでしょう。まず、NMNは人間の身体の中で生成される物質です。ただ、年齢を重ねていくにつれ、NMNは徐々に少なくなっていくのです。つまり加齢により、このNMNの生産能力が衰え、そして老化という現象や健康被害が起こるというわけなのです。そこで、逆にNMNを投与することで、この老化を食い止め、さらには若返りすらも可能にするという研究が今、盛んに行われているのです。

老化と大きく関係のあるものとして、サーチュイン遺伝子があります。これは別名、長寿遺伝子とも言われるほど、若返りに直接関与してくる遺伝子なのです。このサーチュイン遺伝子は、NADという物質の作用により活発に働くようになります。このNADを作り出すにはビタミンB3が必要となり、このビタミンB3がNMNに変わり、そして最終的にNADを作り出すというメカニズムになっているのです。

NMNを取り入れることで、NADが増え、それにより長寿遺伝子が活性化するということですが、実際の実験ではどのような効果があったのでしょう。マウスへの投与の結果、筋肉細胞が若返り、寿命も延びたという報告があります。このように、NMNとNAD、そしてサーチュイン遺伝子により、若返りが夢ではなく現実のものになりつつあるのです。