NMNという物質

今、にわかに注目されている物質としてNMNがあります。これは、正式にはニコチンアミド・モノヌクレオチドと言い、実は抗老化作用があるのです。このNMNは、元々はマウスの実験において、糖尿病に劇的な効果が見られた物質ですが、その後の研究で各臓器や脳の老化現象を改善することが分かってきました。実際の実験では、マウスに投与した結果、そのマウスの各器官が若返っていたと言うのです。

老化にはシステムがあり、近年そのシステムの解明が盛んに行われてきました。そしてここ数年において、老化現象がどのように起こってくるのかが分かってきたのです。そういった状況の中、このNMNを投与することで身体の各器官の機能を高めるということが明らかになってきたのです。

このNMNは、酵母から生成することで毒性を取り除くことができ、つまり食品として摂取することもできますし、石鹸など肌に直接触れる日用品としての開発も問題がないわけです。そのため、各企業もこのNMNに対しては興味を抱いていて、商品開発が進んでいます。NMNは薬品ではなく美容品であるため、許認可も下りやすく商品になりやすい点も、人気に拍車をかけているのです。このように、NMNはこれからの長寿社会において画期的な大発見と言えるのです。

NMNと若返りの関係

人間は古来より、不死への憧れが強く、様々な試みで不老不死を実現しようとしてきました。しかし、生命というものには寿命があり、誰もがいずれはその時を迎えるのです。ただ、ここにNMNという物質がにわかに注目されています。このNMNは、不老不死とまではいかなくとも、寿命を延ばす効果があるとされ、各方面から脚光を浴びている物質なのです

このNMNは、人間の体内に元々存在する物質で、この物質が老化現象に大きく関係することが分かっています。マウスによる実験では、各器官の機能が若返り、寿命が延びたという報告がなされているのです。NMNは加齢により、徐々に体内から減っていきます。しかしそれを体外から補うことで、若返りを実現させようという試みが始まっているのです。このNMNは、長寿遺伝子とも呼ばれるサーチュイン遺伝子を活性化させるきっかけを作るものですので、積極的に摂りいれることで、寿命が延びると言われています。

サーチュイン遺伝子は、誰もが持っている遺伝子ですが、活性化するのはある条件が必要となります。一つはカロリー制限で、二つ目はポリフェノールの一種であるレスベラトロールを摂取することです。若返りは誰もが望むものです。NMNにより、体内の各器官が修復され、生き生きと働くことで、肌には潤いが戻り、髪にも艶が出てきます。健康維持と若返りは深く関係するものです。長寿にはNMNが重要となりますが、その基本となるのはやはり健康なのです。このサイトはNMNの効果について説明します。