サーチュイン遺伝子の活性化

NMNを取り入れることで、身体の各機能が若返るということですが、その若返りに深く関係しているのがサーチュイン遺伝子です。このサーチュイン遺伝子は長寿遺伝子とも呼ばれるほど、老化に関わりのある遺伝子で、NMNから作り出されるNADによって、その働きが活発になるわけです。ただ、このサーチュイン遺伝子もNADだけではスイッチがオンになりません。NADも必要ですが、それを生かすためにはサーチュイン遺伝子を目覚めさせることが重要となるのです。

では、このサーチュイン遺伝子を覚醒させるにはどのようにすればいいのでしょう。現状分かっていることとして、まずはカロリー制限を行うことです。言い換えれば、空腹状態を保つことで、サーチュイン遺伝子が活性化するのです。具体的には、一日に必要な摂取カロリーを70%に制限して、それを継続的に行います。

次に、レスベラトロールを摂取することが挙げられます。このレスベラトロールは、ポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用があり、サーチュイン遺伝子に直接働きかけ、活性化を促してくれるのです。この方法であれば、カロリー制限をすることもなく、サーチュイン遺伝子が活性化してくれるため、過度なダイエットに繋がる危険もありません。このように、NMNの効果を最大限に活かすためにはこういった2つの手段をあるのです。最近ではNMNとレスベラトロールを配合しているサプリメントなどもあるようですので、サーチュイン遺伝子を活性化する健康食品として注目されているようです。

関連サイト・・・NMN SOMA|サーチュイン遺伝子に働きかけるサプリメント